• ソニーは、画像センターの開発体制を拡充する。基礎研究からになってきた日本に加え、米欧に拠点を設け世界3極体制を整える。3年間で約6千億円をセンサー設備投資に充てる方針だが、日本国内だけでは優秀な人材の確保が難しくなっている。米欧でも拠点を設けて技術者を募集し、人材不足が成長の足かせとなるリスクを軽減する。(1月26日 日本経済新聞より)
  • 米アマゾン・ドット・コムは、小型の宅配ロボット「アマゾン・スカウト」の導入を発表した。ワシントン州スノホミッシュ郡の一部地域に6台を配置し、平日の日中に商品の配送を試行する。歩行者と同じくらいのペースで走行するが、当初はアマゾンの従業員が同行する。(1月29日 日刊工業新聞より)