• ルネサステクノロジーは、2020年までにAIを活用した生産革新を主力3拠点で適用する。さらに、データから推論できるAIの開発も進める。現場では熟練技術者の減少が課題となっており、AIを活用して工場のスマート化を進めることで、生産性の向上だけでなく技術者の作業レベルの底上げも図る方針(1月30日 日刊工業新聞より)

 

  • 日立製作所、ファナック、プリファード・ネットワークスは、工作機械や産業機械など現場にある機器の近くでAI技術を活用し、応答性の早い制御を実現するシステムを開発するため、4月2日付で共同出資会社「インテリジェント・エッジ・システム」を設立する。(2月1日 日本経済新聞より)

 

  • 日立ハイテクノロジーズは、医用分析装置などの開発・製造拠点でロボットの活用範囲を拡大する。早ければ2018年内からねじ締めや部品の取り付け、運搬などの軽作業にロボットを活用し、従業員が技能を学ぶ時間を創出することで開発・生産体制を強化する。(2月1日 日刊工業新聞より)