• Ristは、社会医療法人三栄会ツカザキ病院眼科と連携し、世界で初めて広角眼底画像を用いたAIによる緑内障判定を行い、AUC94%の精度を達成した。また、その成果が緑内障に関する国際学術誌に掲載された。(7月11日 PR TIMESより)
  • シャープは、FA市場開拓を急ぎ、精密部品などの欠陥を人の目に代わって検知できるカメラセンサー機器を売り込む。液晶分野などで培った画像処理技術を生かし、既存メーカーに対抗する。(7月11日 日経産業新聞より)
  • 京セラは、早ければ2022年にも、光を使った距離計測センサーのLiDAR(ライダー)と画像センサーを一体化した「ライダーセンサーモジュール」を自動運転の車載向けに供給する。また、ロボットやセキュリティなどの分野にも提案し、早期の採用を目指す。(7月13日 日経産業新聞より)