メニューを閉じる

IIoTアラカルト

  • ブルーイノベーションは、ドローンやロボットを活用した棚卸し作業のオートメーション化ソリューション開発で、トッパン・フォームズと協業することで合意した。第1弾としてドローンでRFIDタグを読み取り、倉庫内棚卸し作業を省力化する実証実験サービスを今秋から提供する。(9月3日 日刊工業新聞より)アヲハタは、ジャム工場の生産ラインにニコンと共同開発した画像による異物検査装置を導入した。...

    続きを読む
  • 産業技術総合研究所中国センターは、産総研臨海副都心センターに構築した模擬環境の機械加工組立エリア「つながる工場モデルラボ」の機械稼働状況が中国センターからも常時可視化できるよう設備を整えた。IoT化した工場を具体的に示すことで、中小企業への導入を促す。(8月26日 日刊工業新聞より)帝人加工糸は、2020年春をめどにセンシング技術を用いた生産機器の異常管理システムを導入する。機...

    続きを読む
  • 村田機械は、ロボット倉庫システム「アルファボット」を開発した米国スタートアップのアラートイノベーションと戦略的パートナーシップ契約を結んだ。同システムは、自律走行・昇降してすべての棚にアクセスできる搬送ロボットが、複数配列の保管棚の内外で縦横無尽に動くのが特徴。村田機械は10月に同システムを日本で発売し、村田の拠点を用いた同システムの生産や世界展開でも協力する。(8月19日 日...

    続きを読む
  • 東京エレクトロンデバイスは、人工知能(AI)によって製造設備を自動で監視するソフトウェアを発売した。装置の温度などの状態を確認できるため、人が監視する必要がない。異常の検知や不具合の早期発見が期待でき、AIに精通した技術者がいない製造現場でも手軽に導入できる利点を訴求する。(8月6日 日経産業新聞より)システムスクエアは、人工知能(AI)を搭載した異物検査装置の製造、販売に力を...

    続きを読む
  • 大成建設は、人工知能(AI)やIoTを活用した設備の営業を拡大する。建物の維持管理や工場のライン制御、病院内の情報管理にAIやIoTを活用することで生産性を高める方法を提案。例えば、省人化技術で工場の製造能力を高めたり、病院の患者管理をデジタル化して看護師の負担を減らしたりすることができる。(7月29日 日経産業新聞より)ものづくりに関わる電子データを企業同士で取引する国内初の...

    続きを読む
  • 日産自動車と取引が多い自動車部品メーカーが米国で省人化を加速している。ヨロズは一部工程を無人化し、パイオラックスは今後の能力増強で検査工程に最新鋭の自動化設備を導入する方針。労務費の高騰や日産の米国事業不振などで環境が厳しさを増している中、省人化を進めて生産性を向上する。(7月22日 日刊工業新聞より)日立システムズは、顧客企業の現場業務の一部を代行することでデジタル革命支援に...

    続きを読む
  • 三菱電機とグロービスは、FA分社でオープンイノベーションを活用した新規事業の創出を目指す取り組みを始める。新たなビジネスモデルやアイデアを創出し、双方の技術を活用して社会課題を解決することで、人、機械、社会の共生実現を目指す。(7月15日 日刊工業新聞より)MUJINは、産業用ロボットを使い、段ボールの荷物を台車やバレットに積み込む技術を実用化した。ロボットが人間に代わって荷物...

    続きを読む
  • 8月2日(金):Industrial IoT Meeting(大手町フィナンシャルシティ)9月18日(水)~20日(金):スマート工場EXPO(ポートメッセなごや)10月2日(水)~4日(金):関西ものづくりAI/IoT展(インテックス大阪)10月9日(水)~11日(金):人工知能/ビジネスAI 2019(東京ビッグサイト)10月15日(火)~18日(金):CEATEC Jap...

    続きを読む
  • 三菱電機は、人工知能(AI)で生産設備など機器の異常を高精度に検知する診断技術を開発した。ある工場では異常検知の精度がAIを使った従来手法と比べて10ポイント増の95%に向上した。同社によるこうした診断技術は世界初という。工場やプラントなどでの活用を見込み、早期の実用化を目指す。(7月9日 日刊工業新聞より)日立ソリューションズ・テクノロジーは、協働ロボットの導入支援事業に参入...

    続きを読む
  • アクセンチュアとMUJINは、物流領域でのデジタル変革を推進するため、人工知能(AI)や産業用ロボットを活用したサービス提供で協業する。物流計画の策定から最適な技術の導入、現場運用に至るまで包括的な支援サービスを共同で提供する。(7月1日 日刊工業新聞より)富士経済は、工場などで使う製造業向けロボットの世界市場規模が2025年に18年比2.5倍の2兆8675億円に達するとの見通...

    続きを読む