メニューを閉じる

IIoT特集

  • 自動運転からスマートマニュファクチャリングに至るまで、AIは自動車業界の形を大きく変えようとしている。自動車業界に欠かせない存在となったAIについて、「自動運転とAI」と、「自動車の設計や製造とAI」の2回に分けて特集する。自動運転をめぐる国内外の動向これまで国内では、日産自動車などが、システムが運転を補助する「レベル2」(部分的自動化)の自動車を発売しているが、レベル2までは...

    続きを読む
  • 2019年12月に、中国の湖北省武漢市で「原因不明のウイルス性肺炎」として症例が最初に確認されて以降、新型コロナウイルスによる疾患(COVID-19)感染が中国以外にも拡大している。人の移動や物流に大きな制限が出る中で、感染拡大を防ぐため政府・民間ともに様々な対策が講じられている。本特集では、そうした対策の中でも、ロボットやドローンの活用により「人と人との接触を最小限に抑える」...

    続きを読む
  • 2050年には、世界の人口が90億人を超えるといわれており、国連食糧農業機関(FAO)は、同年までに世界全体の食料生産を70%増加させる必要があるとしている。食料生産に適した土地が限られる中で生産量を増大させるためには、生産性の向上が不可欠であり、ロボットやIoTなどの先端技術を活用して農地面積あたりの生産性を向上させる「スマート農業」が注目されている。IoT・ビッグデータを活...

    続きを読む
  • デジタル技術革新に伴う第四次産業革命が進む中、ロボットや IoT、AI などの先進的ツールの利活用への期待が高まっている。人手不足の中で、効率性・生産性を高めるためには、こうしたツールの活用が欠かせない。今回は、こうした機器を通じた安全面の改善、そしてソフトウェアの安全性について取り上げる。安全性を高めて生産性を向上工場で事故が発生したり、機械が故障したりすれば、工場の生産性が...

    続きを読む
  • 製造業では、スマートファクトリーの実現によって生産性を向上させ、競争力を高めようとする動きが活発である。各国の政府も、例えばインダストリー4.0(ドイツ)やコネクテッドインダストリーズ(日本)といったコンセプトを掲げ、製造業のスマート化促進に向けた政策を実施している。しかし、IIoT機器や制御システムが情報システムと接続されることで、サイバー攻撃のリスクは高まっている。狙われる...

    続きを読む
  • ビンピッキング自動化の必要性米国では、製造業で働く労働者のほぼ四割が、ケースやビンから部品を取り出し、機械に運ぶ作業に従事している。失業率が過去半世紀で最も低いレベルにある中、こうしたビンピッキング作業を自動化するニーズはかつてない程大きい。米国に限らず、団塊世代の大量定年などの理由で労働力不足が深刻化する国についても、そのニーズは同様である。それにもかかわらず、製造業における...

    続きを読む
  • Automatic Guided Vehicle(AGV)とは、床面に敷設されたマーカーやワイヤー、またレーザーの誘導に従って無人走行する搬送用台車のことで、日本では自動搬送装置あるいは無人搬送車などとも呼ばれる。AGVは1980年代初め頃から、製造業の生産現場や倉庫を中心に原材料や部品、完成品等の搬送に幅広く活用されるようになったが、近年の技術の進歩に伴い、AGVが利用される...

    続きを読む
  • ローカル5G

    2019/12/20

    10月の特集で、5G通信がもたらす信頼性や低遅延通信、また多数同時接続といった要素が製造業を大きく変える可能性について触れた。また、「5Gはスマートフォンによる通信需要の密集する都市部から整備されていくが、遠隔制御や自動制御のニーズが高い工場が主に立地するのは地方部である」というジレンマを解消するため、企業の建物内や工場の敷地内だけでの利用を許可された周波数を割り当てるローカル...

    続きを読む
  • 10月末、上場企業の中間決算の発表がピークを迎えた。SMBC日興証券のまとめによると、10月30日までに発表を終えた製造業の経常利益は、昨年の同時期と比べて19.1%減少している。業種別では、建設機械などの「機械」が29.9%、電機メーカーなどの「電気機器」が19.6%、自動車部品メーカーなどの「輸送用機器」が17%減益となっている。減益の大きな理由は、米中貿易摩擦の長期化によ...

    続きを読む
  • テクノロジーの進化に伴い、続々と新しい製品・サービス、ビジネスモデルが誕生しており、日々の生活に大きな変化が生まれている。こうした社会の中で、近年、目にする言葉に「デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)以下 DX」がある。2018年5月、経済産業省で有識者による「デジタルトランスフォーメーションに向けた研究会」が発足し、同年にはDXに関...

    続きを読む