メニューを閉じる

IIoT特集

  • 11月1日から6日までの6日間、東京ビックサイトにおいて行われた世界最大級の工作機械見本市「JIMTOF2018(第29 回日本国際工作機械見本市)」では、国内外の企業・団体が1,000社以上も出展した。6日間の来場登録者は15万人を超え、過去最高を記録し、盛況のうちに幕を閉じた。IIoT実現に向けた各社の“つながる”システム今回のJIMTOF2018において、特に注目を集めた...

    続きを読む
  • 当たり前になったIIoT産業用IoT(Industrial IoT、IIoT)やスマート工場といった言葉がさまざまなところで語られ、多くの人々がその重要性について理解できる段階に来ている。工場および工場内の設備や機器をインターネットにつなぐことに、異論を唱える人はもはや少なくなったといえるだろう。しかし、その根本である問いにいまだに答えられない企業が多いのも事実だ。「そもそも工...

    続きを読む
  • 11月1日から6日までの6日間、東京ビックサイトにおいて、世界最大級の工作機械見本市「JIMTOF2018(第29 回日本国際工作機械見本市)」が開催された。6日間の来場登録者は15万人を超え、過去最高を記録し、盛況のうちに幕を閉じた。キーワードは「つなぐ」今回のJIMTOFは、「つなぐ」をテーマに行われた。これまでのJIMTOFは、工作機械や鍛圧機械、機械工具、研削砥石、歯車...

    続きを読む
  • 10月16日から19日まで、幕張メッセにてIT技術とエレクトロニクスの国際展示会「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。今年は「つながる社会、共創する未来」をテーマに、あらゆる産業・業種による「共創」を基本としたビジネス創出と、技術および情報交流などを一堂に会し、経済発展と社会的課題の解決を両立する「超スマート社会(Society 5.0)」の実現を目指す取り組みが...

    続きを読む
  • 2018年10月、アニメ「鉄腕アトム」型の家庭用ロボットが発売を開始した。このロボットにはAI(人工知能)が搭載され、会話やゲームができる他、インターネットに接続すれば、天気予報やニュースを読み上げることもできる。近年、AIという言葉を目にする機会が増え、Amazon echoに代表されるように、日常生活の中にもAI機能を搭載した製品が関係してくるようになっている。AIの歴史ウ...

    続きを読む
  • 今やドローンから撮影された画像、映像はテレビ、インターネット等で誰もが簡単に見ることができ、IIoT Timesで表現する「エンベデッド・ビジョン」の代表的な製品になっている。*「エンベデッド・ビジョン」については、下記の記事を参照エンベデッド・ビジョンの広がりドローンの歴史ドローンは近年に開発された製品と思うかもしれないが、ドローン専門のウェブメディアによると歴史は古く、最初...

    続きを読む
  • 以前、「IIoT特集」において、「エンベデッド・ビジョン」について紹介した。そして、エンベデッド・ビジョンの実用化に向け、アメリカでは様々な動きを見せており、ウォルマートでの棚を管理するロボットやAmazonのレジに人がいないコンビニ「Amazon GO」などを紹介した。エンベデッド・ビジョンの広がりエンベデッド・ビジョンの実用化へ向け日本においても、少しずつではあるが、実用化...

    続きを読む
  • 最近のものづくりの現場は、ニーズの多様化を踏まえ、少品種大量生産から多品種少量生産へシフトしている。また、世界市場での競争が激化し、コストの削減やリードタイムの短縮といった要求にさらされており、厳しい環境下にある。こうした市場の変化に加え、経済産業省が発表した「2018年度版ものづくり白書」では、製造業は大きな環境の変化に直面していると言われている。その原因のひとつが、「人材不...

    続きを読む
  • 製造業では、「スマートファクトリー」への取り組みが進んでいる。2018年5月、東京ビッグサイトで開催された「スマートファクトリーJapan2018」においても、150以上の企業・団体が出展して各企業の最新の取り組みを紹介しており、多くの来場者が足を運んだ。スマートファクトリーとは、工場内のあらゆる機器や設備、工場内で行う人の作業などのデータをインターネットでつなげて取得・収集し...

    続きを読む
  • エンベデッド・ビジョンとはドローン、自動運転車、掃除ロボット…人々の生活の中に少しずつ浸透してきているこれらの機械には、共通してあるモノがある。それは「目」である。つまり、カメラやセンサーという「目」から入る画像や位置情報を解析・処理することによって、必要な動きを必要な場所で行うことが出来るということである。しかし、機械が目(カメラ)を使い、人間が行うべき業務をサポートしていた...

    続きを読む