メニューを閉じる

Machine Visionの世界

  • *本原稿は、2019年6月20日に「マイナビニュース」で 掲載された記事「 日本メーカーが大苦戦!マシンビジョンの世界で何が起きているのか?(14)」を一部加工し、転載しています。マシンビジョン業界におけるディープラーニング活用動向マシンビジョン用途でディープラーニングを活用するため、各企業は様々なアプローチを試みてきた。本稿ではその方向性を紹介し、今後、どのような観点でディー...

    続きを読む
  • USB3 Visionインタフェースは、アナログやCameraLinkに代わる汎用デジタルインタフェースとして市場のシェアを拡大し続けており、GigE Visionインタフェースの製品リリース後の立ち上がり時の成長を上回るスピードで成長を遂げている。USB3 Visionインタフェースとは2008年、USB2.0に代わる規格としてUSB3.0が登場した。現在では、PCの周辺機器...

    続きを読む
  • *本原稿は、2018年10月16日の「マイナビニュース」で 掲載された記事「 日本メーカーが大苦戦!マシンビジョンの世界で何が起きているのか?(13)」を一部加工し、転載しています。 普及を始めるディープラーニング技術ディープラーニングの技術は、様々な分野にて本格的な導入が進んでいる。ただし、その多くは安全性が求められない分野が多く、音声認識やターゲティング広告、ニュ...

    続きを読む
  • 3次元情報を用いた画像処理が求められるようになり、10年以上の年月が経過した。当初は眉唾ものの技術もあったが、現在では技術がかなり向上しており、実用的なレベルにまで達している。3次元情報を用いた検査の普及に最も寄与したものは、やはり3次元情報を取得するデバイスの進化であろう。3次元検査の創世時代では、3次元情報の取得に膨大な時間を要し、得られる計測の質も非常に低かった。それが、...

    続きを読む
  • USB3 Visionとは

    2018/07/23

    USB3 Visionは、国際標準化団体であるAIA(Advanced Imaging Association)が中心となり、USB3.0の特長を活かしながら、産業用途で求められる通信仕様を盛り込み、2013年1月に正式に承認された標準規格である。PC周辺機器として広く搭載されるUSB3.0の規格のひとつとなっており、産業用カメラにおいても中心的なカメラインターフェースとして幅...

    続きを読む
  • 近年、食に対する安全性の要求が高まっている。特に食品への異物混入は社会の大きな関心を集めている。食品メーカーは、商品に異物混入が発生した場合、自社の負担により自主回収を行わなければならず、これまで築き上げたブランドイメージも損なわれてしまう。加えて、厚生労働省は、都道府県知事などへの報告を義務付ける等、規制を強化する方向で検討を進めており、食に対する安全性の高まりは食品メーカー...

    続きを読む
  • *本原稿は、2017年12月18日の「マイナビニュース」で 掲載された記事「 日本メーカーが大苦戦!マシンビジョンの世界で何が起きているのか?(12)」を一部加工し、転載しています。 波長解析には、数百バンドを計測するハイパースペクトルと数十バンドを計測するマルチスペクトルが存在し、また波長領域もCMOSセンサーを用いた可視光とInGaAsセンサーを用いた近赤外が存在...

    続きを読む
  • *本原稿は、2017年8月22日の「マイナビニュース」で 掲載された記事「 日本メーカーが大苦戦!マシンビジョンの世界で何が起きているのか?(11)」を一部加工し、転載しています。 スペクトル解析自体は長年の歴史があるものの、なぜ今ハイパースペクトルカメラが注目を浴びているのか。それは、ハイパースペクトルカメラの低価格化が影響している。これまで研究用途や航空宇宙の用途に...

    続きを読む
  • *本原稿は、2017年6月8日の「マイナビニュース」で 掲載された記事「 日本メーカーが大苦戦!マシンビジョンの世界で何が起きているのか?(9)」を一部加工し、転載しています。 ToF技術が早い段階から利用され始めたのが、エレベータや自動ドアの世界である。通常であれば赤外線センサーで人が近付いてきたことを検知するのであるが、検出できる情報はいたってシンプルである。これを...

    続きを読む
  • *本原稿は、2017年7月20日の「マイナビニュース」で 掲載された記事「 日本メーカーが大苦戦!マシンビジョンの世界で何が起きているのか?(10)」を一部加工し、転載しています。 光はさまざまな波長から構成されていて、例えば人間にとって白く見えるものは可視光領域の400nm~800nmまでの光が均一に混ざっていることを意味する。また、木(植物)を通常のRGBカラーカ...

    続きを読む