メニューを閉じる

Machine Visionの世界

  • *本原稿は、2017年4月12日の「マイナビニュース」で 掲載された記事「 日本メーカーが大苦戦!マシンビジョンの世界で何が起きているのか?(8)」を一部加工し、転載しています。 「カメラ」と一言で言えば、我々は当たり前のようにデジタルカメラを想起する時代になった。ほんの20年前に遡ればこの言葉はカラーフィルムカメラを指したし、もう40年遡ればモノクロフィルムカメラだった...

    続きを読む
  • *本原稿は、2017年3月7日の「マイナビニュース」で 掲載された記事「 日本メーカーが大苦戦!マシンビジョンの世界で何が起きているのか?(7)」を一部加工し、転載しています。 エンベデッド・ビジョンと呼ばれる市場が現在大きく隆起しようとしている。そもそも画像処理の歴史は1960年代にさかのぼるが、その頃から例えばステレオビジョンと呼ばれる、人間の目のように2つのカメラを用...

    続きを読む
  • *本原稿は、2017年1月10日の「マイナビニュース」で 掲載された記事「 日本メーカーが大苦戦!マシンビジョンの世界で何が起きているのか?(6)」を一部加工し、転載しています。 先進国である米国および欧州では、工業用画像処理の成長はもはや5%にも届かなくなりつつあり、各メーカーは変革なしに今後は生き残れないことは自覚しつつある。その変革期にある今、目指す方向...

    続きを読む
  • *本原稿は、2016年11月8日の「マイナビニュース」で 掲載された記事「 日本メーカーが大苦戦!マシンビジョンの世界で何が起きているのか?(5)」を一部加工し、転載しています。 マシンビジョンのこれまでとこれから工業用画像処理の世界は何度かの大きな変化により、そこで活躍する企業が新たに発生し、入れ替わり、編成された。もちろんこうしたトレンドは技術革新によってもた...

    続きを読む
  • *本原稿は、2016年10月25日の「マイナビニュース」で 掲載された記事「 日本メーカーが大苦戦!マシンビジョンの世界で何が起きているのか?(4)」を一部加工し、転載しています。 工業用画像処理カメラの世界は、アナログからデジタルへの移行(=インターフェースの変化)、そしてCCDからCMOSへの移行(センサーの変化)という2つの大きなうねりにより、活躍する企業が...

    続きを読む
  • *本原稿は、2016年10月12日の「マイナビニュース」で 掲載された記事「 日本メーカーが大苦戦!マシンビジョンの世界で何が起きているのか?(3)」を一部加工し、転載しています。 工業用画像処理で用いられるカメラは、90年代から2000年頃まではソニー社製CCDを利用するのが当然であり、そのシェア率はほぼ100%と言ってよかった。この頃が、日本製のアナログカメラが世...

    続きを読む
  • *本原稿は、2016年9月27日の「マイナビニュース」で 掲載された記事「 日本メーカーが大苦戦!マシンビジョンの世界で何が起きているのか?(2)」を一部加工し、転載しています。 工場の自動化を助けるFA用途での画像処理(=マシンビジョン)は、90年代に一気に世の中に普及した。画像処理アルゴリズムの研究開発自体は1960年ごろから活発に行われてきたが、それが90年代に...

    続きを読む
  • *本原稿は、2016年9月13日の「マイナビニュース」で 掲載された記事「 日本メーカーが大苦戦!マシンビジョンの世界で何が起きているのか?(1)」を一部加工し、転載しています。 工場の自動化を実現する技術の1つであるマシンビジョン。かつて日本メーカーのカメラが大活躍していたマシンビジョン市場は、ここ10年で大きく変化した。この10年でマシンビジョン市場に起きた変化と現在...

    続きを読む